ニュース&トピックス

ホーム > ニュース&トピックス > 消費税の軽減税率

消費税の軽減税率

2016.04.19

平成29年4月1日の消費税率の引き上げと同時に、消費税の軽減税率制度が導入されます。

国税庁HPにて、「消費税の軽減税率制度について」という特集ページが開設されています。

http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

 

消費税の標準税率が10%、軽減税率が8%となります。

軽減税率は「飲食料品の譲渡」に適用されます。ただし、外食はここでいう「飲食料品」に含まれません。

メディアでもよく取り上げられていましたが、この線引きがとても難しいのです。線引きのためのヒントを、この特設ページでも確認することができます。

 

例えば、「じゃあ、ファストフード店でハンバーガーを買うと、消費税10%か」とは、一概に言えません。

テイクアウトならば、消費税法の「飲食料品の譲渡」に該当し、軽減税率である8%が適用されます。

一方、店内で飲食していく場合には、消費税法の「外食」に該当し、標準税率である10%が適用されます。

 

こうなってきますと、消費者としては、同じものを同じ店で買っても、持ち帰って家で食べた方が安くなるわけで、

ドライブスルー渋滞は今後も増える一方かもしれません。

 

一方、飲食店を経営されている方も注意が必要です。

販売時に適用される税率が標準税率と軽減税率の2種類になりますので、これに対応できるレジ等設備の導入が必要です。

また、食材の仕入は軽減税率(8%)が適用され、販売時(店内飲食)は標準税率(10%)が適用されますので、

年間の売上高(税抜き)が前年と同じであっても、

「預かった消費税」-「支払った消費税」で計算する消費税の納付額が、これまでより多くなります。

消費税は預かっているだけなので仕方ないよね、と頭では分かっていても、納付の際、実際にそれなりの資金が必要となりますので、資金繰りにもご注意いただきたいと思います。

 

 

 

 

  1. 一覧へ戻る