ニュース&トピックス

ホーム > ニュース&トピックス > IFRS適用を見据えた決算期変更

IFRS適用を見据えた決算期変更

2014.06.20

 週刊経営財務6月16日号(No.3167)によると、将来のIFRS適用を見据えるため、決算日を変更してグループ内の決算日を統一する事例が相当数あったとのことです。

『IFRS対応を理由とする決算日変更を適時開示した会社は、2009年から2014年の間に24社あった(6月11日時点。連結子会社のみの変更は除く)。「海外連結子会社と統一する」等の理由により、24社中19社が12月期へ変更している。』

 週刊経営財務6月16日号(No.3167)より抜粋

2010年公表3社(3社が12月期に)・・・横浜ゴム、東光など

2011年公表7社(4社が12月期に)・・・サイボウズ、花王など

2012年公表5社(3社が12月期に)・・・東洋ゴム工業、KLabなど

2013年公表7社(7社が12月期に)・・・カゴメ、東洋炭素など

2014年公表2社(2社が12月期に)・・・クックパッドなど

 

決算日統一により、連結決算スケジュールの問題や、比較情報をどうするかといった点も懸念されています。

当事務所では、IFRSの適用についてサポートさせていただいております。ご相談などございましたら、お電話もしくはご相談・お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

  1. 一覧へ戻る