ニュース&トピックス

ホーム > ニュース&トピックス > 「印紙税の手引」が公表されました

「印紙税の手引」が公表されました

2013.11.24

国税庁は11月14日、「印紙税の手引」を公表しました。


[国税庁] 印紙税の手引

 印紙税は、日常の経済取引に伴って作成する契約書や金銭の受取書(領収書)などに課税される税金で、末尾の印紙税額一覧表に掲げられている20種類の文書が課税の対象となります。
 課税される文書に係る納付すべき印紙税の額は、印紙税額一覧表記載のとおり、その内容にかかわらず定額であるものや、契約書の内容や契約金額、受取金額などによって異なってくるものもあります。
 正しい納税の参考としていただくため、ご参考にしてください。

 

 印紙税について、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはご相談・お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

  1. 一覧へ戻る