財務・ビジネスデューデリジェンス

ホーム > 事業内容 > 財務・ビジネスデューデリジェンス

財務・ビジネスデューデリジェンス

デューデリジェンスとは、企業や投資家が投資対象の価値を正確に把握するために、その実態を網羅的に調査する手続きをいいます。

デューデリジェンスには、財務、税務、法務、ビジネス、人事、環境、ITなど様々な分野があります。当事務所では、この中で、財務およびビジネスデューデリジェンスを提供します。

財務デューデリジェンスは、事業再生等の場面では財務状況の実態把握のために、またM&Aや事業再編の場面では企業価値評価(株価算定)の基礎となる情報やディール後に発生しうる財務リスクやシナジーに関する情報を入手するために、それぞれ行われます。
現状の経営成績、財政状態、資金繰りを把握して、そこから、その会社の企業価値を決定するバリュードライバーが妥当かどうかを検証します。
財務デューデリジェンスの結果は、買収条件や買収価格に反映されますので、極めて重要と言えます。
当事務所では、財務デューテリジェンスを実施した結果を「財務調査報告書」にまとめ、ご提出、ご報告します。

なお、当事務所が行う財務デューデリジェンスの概要は以下のとおりですが、実際の業務範囲については打ち合わせ時にご要望をお聞かせください。

こんな方は是非ご相談ください

  • 財務状況の実態を把握したい
  • どこが儲かっていて、どこが儲かっていないかを明らかにしたい
  • 企業価値評価(株価算定)を行いたい
主たる分析手法 目的・内容・分析結果の利用方法
実態貸借対照表分析
オフバランス項目の把握

【目的】

企業が過去に投下した資本の現時点での時価ベースの評価を把握する。

【内容】

貸借対照表に計上されている資産を換金可能性や収益獲得能力といった観点から再評価するとともに、負債を法律上又は契約上の支払義務の網羅性といった観点から再評価します。

【分析結果の利用方法】

  • ・企業価値評価における時価純資産額の算定
  • ・企業価値評価における正常運転資本の把握
  • ・企業価値評価における非事業資産の評価
  • ・清算貸借対照表の作成
  • ・資産売却計画の策定
正常収益力分析
- 利益
- キャッシュフロー

【目的】

企業が本来持っている収益獲得能力(=キャッシュフロー創出能力、弁済能力)を把握します。

【内容】

過去の業績に会計処理方法の変更や特殊な要因等を調整し、将来事業計画のベースとなる現時点の収益力を明らかにします。

【分析結果の利用方法】

  • ・事業計画の策定
  • ・有利子負債返済計画の策定
  • ・企業価値評価時の事業計画の分析
ビジネスプロセス分析
事業構造分析

【目的】

収益獲得までのプロセスや収益・コスト構造等が及ぼす将来の財務リスクを予測する。

【内容】

過去及び現在の利益の源泉となっている要因と利益を阻害する要因を把握する。

【分析結果の利用方法】

  • ・事業計画の策定
  • ・企業価値評価時の事業計画の分析

財務調査報告書ご提出までの流れ

デューデリジェンスの大きな流れは以下の通りです。

  • 事前ミーティング(案件概要・スケジュール)
  • 業務範囲合意
  • 事前準備(ヒアリング・資料依頼)
  • 財務調査(ヒアリング・資料依頼)
  • 報告書作成
  • 報告書提出・報告会実施

当事務所は財務デューデリジェンスの分野に関し、豊富な経験を有しておりますので、お客様に安心してサービスを受けて頂くことが可能です。

対応エリアについても、東海圏を中心に、北は北海道から、南は沖縄まで日本全国対応可能です

料金について

報酬額は案件規模や業務範囲によって大きく異なってきます。
基本的には必要時間数に基づいて決定させて頂いておりますが、
ご相談には丁寧に応じさせて頂きますので、是非お気軽にお問い合わせください。